Marketing

Super Bowl 2017 その1:1年で最大のテレビCMの機会

アメフトのスーパーボールがこないだあり、ここNew Englandの誇るPatriotsがとても面白い試合運びで勝ちました!

さて。スーパーボールはアメフトの戦いだけでなく、企業そして広告業界の戦いでもあります。

スーパーボールは全米で一番視聴率の高い番組ですが、そんな騒いでなんぼのもんなん?と、前にメディアマーケティングのクラスでも、「アメリカ人にとってスーパーボールってどういうもの?」と質問してみました。クラスメート達からの答えは、「子供の時からの思い出」「家族イベント」「スーパーボール=アメリカ」「ビールと唐揚げとポップコーンでパーティ」といったものでした。敢えて日本人に例えてみると、それってまるでお正月マイナス宗教みたいな感じでしょうか?

スーパーボール放映中に流すCMの30秒スポットが5ミリオン=6億円ほどするらしく、しかも毎年この広告料金は上がって行くそうです。企業のプライドをかけた、もはや諦めに近い出費?!なのかなあと。6億と聞くと驚きますが、それでも視聴者が1億人以上、国民の3、4割いるので、1視聴者辺りのコストは人気テレビ番組の30秒スポットより安いと言われています。

近頃アメリカ人はテレビよりオンラインで時間を過ごすようになったので、企業もオンライン広告に力を入れています。押され気味の伝統的広告メディアのテレビですが、この日だけは例外です。コマーシャルを企画する大手広告代理店にとっても腕を魅せれる最大の機会となっています。

0 comments on “Super Bowl 2017 その1:1年で最大のテレビCMの機会

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。