Design Process

お仕事のプロセス1• 最初にコンサルテーション

ブランディングやマーケティングの戦略を具現化するクリエイティブワークを担うというからには、クライアントさんのニーズをただ把握するだけではなく、ビジネス、プロダクト、コンペティション、ポジショニングとターゲット、問題点を理解してからデザインワークに進むことが、ポジティブな結果を生むベストな方法だと信じています。

ですので、デザインのお仕事のことでお問い合わせを頂いたら、最初にじっくりとコンサルティングをします。

初めてのクライアントさんとはお会いしてお話することが多いです。遠方の方やスケジュール的に会うのが難しい、またはメールでのやり取りを好まれるクライアントさんとは、質問書を送り答えを書き込んでもらい、その内容に関してメールでやり取りをします。

質問書には、会ってお話する時にも聞く内容である、ビジネス内容、ビジネス目標、プロダクトやサービスの特徴、競合についてなどの質問を載せています。質問が多過ぎて面倒に感じられないようにと気をつけてはいますが必ずお聞きしなくてはいけない事は少なくはありません。それでもクライアント皆さん、答えを詳しく書いてきて下さいます。クライアントさんはビジネスオーナーの方が多いので、ご自分のビジネスに対しての熱い思いを感じ、その気持ちに応えなければと気合いが入る瞬間です。

グラフィックデザイナーとして最終的なゴールは、クリエイティブ思考とデザイン力でクライアントさんのビジネスを成功させることです。ビジネスにできるだけ早くそしてできるだけ長い期間、作成したビジュアルマテリアルがブランドの認知とブランドアソシエーションを助けていったり、また効果的なマーケティングを助けていかなければならないのです。そのためには、そのブランドのポジショニングとバリュープロポジション、ビジネスの短期と長期的な目標、そしてクライアントさんのビジネスにかける情熱とその背景を理解し、焦点をしっかり定めた上でデザインワークを始めなければと思っています。私の場合は、最初に時間を十分に取ることで、後々のステップで時間を無駄に使うことを避けることもできています。

お聞きしたビジネスの目標などが漠然とし過ぎている場合は、話し合って明確にします。曖昧な部分へは極端な例を出し、それに対しての答えをお聞きするなどして理解していきます。これら全てがデザインワークの材料となります。

そして、必要なリサーチをします。お聞きした内容を元に、その業界の動向やコンペティションについてリサーチします。自分が全く知らない業界、プロダクトやサービスもありますし、自分が今迄は消費者側だったプロダクトやサービスならば、ビジネスオーナー側にも立って物事を見る必要性も出て来ます。リサーチ中に質問が出て来た場合には、お聞きして再確認します。

この次は提案書にプラン内容をまとめる、というステップに進みますが、ビジネスに良い結果を生み出すため、そしてクライアントさんの期待以上に沿えられるよう、最初にクライアントさんとコミュニケーションをしっかり取り情報を共有することは不可欠だと思っています。

ビジネス視点を持つグラフィックデザイナーをお探しの方、こちらよりご連絡下さいね。

→ お仕事のプロセス2• 次は提案書

0 comments on “お仕事のプロセス1• 最初にコンサルテーション

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。