Boston Design

ボストン日本祭り:ラーメン屋さんバナーデザイン

昨日はボストンのど真ん中ボストンコモンで、盛大な日本祭り第6回目がありました!ボストンの日系事業主と数多くの日系団体が1つとなって始まった、ボストンに暮らす日本人にとってはこういうイベントが存在するのとしないのでは大違い!のジャパンフェスティバル。ここ数年このイベント=ボストンは春という感じです。

お天気は生憎というか、ボストンの春らしいというか、途中小雨と寒さも辛かったですが、来場者皆さん予想済みと行った服装で楽しんでいました。寒さに強い生まれも育ちもここのボストニアン達にはどうってことない気温ですが、知り合いの日本人の大人の方達の最初の一声は「今日物凄く寒いですよね、、、」。やはり体質は何年たっても変わらないものです、、、

さて。今年のお祭りでは、数年に渡りお仕事させて頂いているラーメン屋さんに、テントブースに吊り下げる4つのバナー(Banner)のリクエストを頂きました。日本では屋外用タペストリーとか垂れ幕と呼びますか。ハト目は英語ではgrommetと言いますが、その加工付きで印刷屋さんに仕上げてもらい、穴に紐を通してテントに取り付けたりします。

マテリアルの材質は屋外用のビニールやナイロン。今後長く使えるものがやはりクライアントさんのコストパフォーマンスを考えると良いですよね。今回使った2件の印刷屋さんも、これは丈夫で何年も持つよ!雨にも強いし、と言っていたので安心です。ロゴだけのナイロンのバナーは、今後様々なイベントで使って頂けるよう、お店の暖簾や旗のイメージで作りました。

デザインはマーケティング的には、来場者に足を止めてもらい、ビジュアルを見てもらいテキストを読んでもらい、そしてアクションをとってもらう、ここでは列に並んでもらえるようにしなければなりませんでした。ラーメンの美味しさを限られたバナーのスペースの中で表現し、遠くからでも字が読めるようフォントの種類と字の大きさと配置のアイデアを練りました。ブランディング的には、地元にあるお店なのでこの機会に来場者にブランド認知を高めてもらえ、デザインで材料や味にこだわりを持ったしっかりとしたお店なんだという印象を与えブランドを信頼してもらえるような、そしてオーナーさんとマネージャーさんのご希望を折り込んだ形です。

今回のプロジェクトは写真撮影をマネージャーさんに担当して頂きました。費用を抑えたい、時間がない、という理由からプロのフォトグラファーには頼めなく。ならば、できるだけ沢山のショットをアングルを様々に変えて撮って下さい、白く光ってるのをもう少し減らすよう丼の場所を照明に対して動かして下さい、など、私のわかる範囲でのコメントをお伝えしました。マネージャーさんがカメラと格闘して頂いたおかげで、Photoshopで色やコントラストを調整して9フィート幅 (2.74 m) の大きなサイズの印刷クオリティに耐えられそうな写真を撮って頂けました。

昨日は自分もそのイベント会場にいて、自分の作った広告バナーがどう実際現場で作用するのかを見届けられる普段あまりない貴重な機会となりました。そのラーメンに人気が出て長蛇の列になってくれないと私困るなあ、、、と気になり何度も列をチェックしてみたり。そして長い列が見えると、よっしゃーっ!という気分にもなりました。

バナーの他にテント周りのサインとプラカード用のデザインも作らせて頂きました。人々が混乱しないよう情報の伝達を助け、統一感重視でデザインしました。

他にも以前オーダー頂いた非営利団体のロゴ付きスタッフ用Tシャツや、主催団体のTシャツ用イラストを作ったことがありそれを着た人達も歩いていたりと、自分の手掛けたデザインやイラストが独り立ちし、それぞれ担った仕事をしてくれているのを見ると、とても嬉しい気分になります!

私にとってのこのお祭りは、知り合いと出会えるだけでなく、自分の過去の作品とも再会できる嬉しく意義深いイベントです。

何年ぶりかで盆踊りも踊れて寒い中でも気持ちはポッと暖かい1日でした!

0 comments on “ボストン日本祭り:ラーメン屋さんバナーデザイン

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。