Design

「ロゴが必要なんだけど、、、どうしよう。」と思っている方へ

ロゴのお話の巻。最近では無料ソフトやクラウドソーシングなど、色々なデザインサービスが出回っていますが、なぜ私がそれらがブランディング的に弱いロゴを作ると思っているかを書きましょう。もちろん!それは私がデザイナーだからだろ、って言われると、、、その通りです、と答えますが。(^^;)

ビジネスの規模が小さいと、プロに頼むお金はない、ロゴなんて適当に何か作ればいいのではないか、とコンピューターを使うのに慣れている人だと無料のデザインソフトで自分で作ってしまおう、という考えに陥りやすいと思います。また、大量のデザイン案から一番好きなのを選べてお得かも、とクラウドソーシングを試そうと思う方もいるでしょう。

自分で作る場合とクラウドに頼む場合の最大の落とし穴は、クライアントさんの見た目の好みほぼ100%で最終のロゴがどのようなものか決められてしまう事。それがなぜダメなのか。主観が入り過ぎてしまい、ビジネスにとって一番の要のなるターゲットとポジショニング、そしてブランディングの戦略を十分に練る事を忘れがち、もしくは練らずに絵としての見た目や好みだけで最終決定に突っ走ってしまう状況になりがちだからです。

その他のデメリットとしては、どんなものがロゴになろうが、一旦それを公で使用をスタートしてしまうと、そのロゴであなたのビジネスのブランディングがスタートしてしまう、という事です。最初から、他社、特に競合との区別ができ、人々に覚えてもらいやすく、自らの理念を表しているような強いロゴを使い、ブランディングとマーケティングに使える事は理想的じゃないでしょうか。

クラウドの場合は無料ではありません。不必要の労力とお金を使う事になります。頼んだからには、この中からどれかを選ばなくてはならないというプレッシャーも出てくることでしょう。クライアントさんの希望は述べられているものの一方通行ですし、短い説明だけでデザイナーにとっては情報不足です。

自分で作る際は、ファイルの大きさや保存のフォーマットを知らず、なぜか低い画質のロゴができる事もあるでしょう。ロゴデザインの基本を知らず、使用してしばらくしてからシマッタ、という事になるかもしれません。色のフォーマットの種類を知らず、知らないうちに暗い色に変わってしまったとかもありえます。例えば小さいサイズでロゴを印刷しないといけないけれど、そうすると字が全く読めないなど。何よりも、ただ字と絵を合わせてレイアウトしただけなどという、競合との差別化やブランディングを助けないロゴになりやすいでしょう。

ロゴというものは、理念またはコンセプト、サービスや商品の特徴、そして他社と違うセールスポイントを表現すべきものです。顧客にはブランドに対して同じイメージを常に持ってもらうよう、ロゴを初めとするマーケティングとブランディングで使用されていく様々なビジュアルデザインは統一されてるべきで、それらを使って顧客のブランド認識アップを目指していくわけです。バラバラなイメージだと、企業の価値観とコンセプト、そしてポジショニングが曖昧になってしまいます。

ロゴは企業の顔です。顔には性格や清潔さや信頼できるかどうか、が表れていると理想的だと思いませんか。

起業するけどもロゴとかをプロのデザイナーに頼むようなお金はない!そういう方へは私は適当なロゴを作るぐらいなら、ロゴの代わりとしてビジネス名を文字だけで示しビジネスをスタートする事をお勧めします。例えばウェブサイトでも左上に大きいサイズでビジネス名を入れるのです。そしてビジネス開始からしばらくして然るべきタイミングがやってきたら、ビジネスを実際に開始してわかったきたことを踏まえ、ブランディングやターゲット層にきっちり合わせたロゴを作ることを考えれば良いと思います。

0 comments on “「ロゴが必要なんだけど、、、どうしよう。」と思っている方へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。