Marketing

ゴルゴ13 x 外務省:海外安全対策マニュアルがとっても面白い!

ゴルゴ13X外務省:海外安全対策マニュアルを最近もらい読みました!そして、面白くてあっという間に読んでしまったのですが、これってかなりイケてるコンテンツマーケティングじゃない?って思いました!

外務省のゴール:海外へ進出する日本の中小企業に安全対策を高めてもらうため個々の企業へ必要な情報を伝えたい。

メディア:ターゲット顧客が思わず読みたくなるような、既に人気のある漫画の続編のような仕上げ。読んでもらうためのツールとしての漫画フォーマット。

コンテンツ設計:高いクオリティ。プロの漫画家の力を使い、わかりやすく、そしてリアルにするため熟考された構成とストーリー(コンテンツ)作り。そしてまさに漫画を作る時のポイント、読んでもらうことを第一に考えた、外務大臣室のシーンから始まるドラマチックな出だし、そしてサプライズがあるぐらいの大胆な演出「それで大臣、要件はなんだ?」。なかなか考えられててアピール感があり、ストーリーの最後はどうなるの?という期待感。外務省の安全対策本なのに、スラスラ読めてしまうフレンドリーさがあります。

拡散、露出:各ニュースメディア、YouTube ゴルゴ13×外務省 安全対策マニュアル解説(第1話)

所々には真面目にチェックリストがあったり、説明があったりもするのですが、そういうページをそろそろ飛ばそうかな(笑)と思ってきた頃にまた次の章が始まって。それにその真面目に説明しているページには、ゴルゴ13の第何話でこう言う会話があった、と上手く読者の読み進める気を妨げません。

そういえば、思い出しましたが、以前レンタルサーバーの日本の会社でマーケティングにウェブ漫画を作っているのを見つけ、読んでいたらあまりの素晴らしい出来に感動しました。構成とストーリーと絵で、サーバーには興味はなかったけど、漫画としてだけでも読んでて面白い、そのようなものでした。今また探してみました。これです!面白いですよー!見たことのある人もいるのじゃ?

沈黙のWebマーケティング

このレンタルサーバーでいえば、そのようなサーバーを使って仕事をするGeek系の人達は漫画も好きかもということ。外務省のゴルゴ13については、海外に進出する企業の「経営者と読者の年齢層が近いゴルゴ13の起用が効果的と見て、作者のさいとう・たかをさんに依頼した。」(毎日新聞  2017年3月22日)

コンテンツマーケティングとは、絞り込んだターゲット層に価値あるコンテンツ・情報を良質なフォーマットで提供し、ターゲット層を引きつけ、また継続的に情報を発信していくこと。まさにこの基本を上記の2つの例は体現しているんじゃないかな、と思いました。

0 comments on “ゴルゴ13 x 外務省:海外安全対策マニュアルがとっても面白い!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。